業績リスト

業績一覧 – 近藤 輝幸 –

依頼講演(抜粋)

1
分子科学研究所研究会「分子科学における錯体化学の役割」―分子レベルでの構造制御に基づく金属錯体の機能・物性―
主催:岡崎分子科学研究所
於:岡崎分子科学研究所岡崎コンファレンスセンター
期日:平成13年1月25日
講演題目:反応性ルテナサイクル中間体を経由する新触媒反応

2
日本化学会第79春季年会(有機化学―反応と合成「有機金属化合物」)
主催:(社)日本化学会
於:甲南大学岡本キャンパス
期日:平成13年3月29日
講演題目:反応性ルテナサイクル中間体を経由する新触媒反応

3
日本化学会第80秋季年会(シンポジウム「有機金属化学の新世紀」)
主催:(社)日本化学会
於:千葉大学西千葉キャンパス
期日:平成13年9月22日
講演題目:ルテニウム錯体の新触媒機能―ジスルフィド類の不飽和炭化水素への付加反応

4
第49回有機化学研究会―白鷺セミナー
主催:大阪府立大学有機化学研究会
於:大阪府立大学学術交流会館多目的ホール
期日:平成19年6月26日
講演題目:触媒的炭素―炭素結合の切断、および炭素―炭素結合生成反応

5
新技術説明会
主催:(独)科学技術振興機構・京都大学
於:(独)科学技術振興機構JSTホール
期日:平成19年8月21日
講演題目:環境調和型ルテニウム錯体触媒を用いるエナミドおよびジエナミド類の新合成法

6
第4回有機元素化学セミナー
主催:学術創成研究「高周期典型元素不飽和化合物の化学:新規物性・機能の探求」・グローバルCOE「物質化学の新基盤構築と次世代育成国際拠点」
於:京都大学宇治キャンパス
期日:平成19年11月19日
講演題目:ルテニウム錯体触媒を用いるアルケンの高原子効率的共オリゴメリゼーション

7
第57回高分子討論会
主催:(社)高分子学会
於:大阪市立大学杉本キャンパス
期日:平成20年9月25日
講演題目:高感度MRI造影剤としてのキラルデンドリマーアミン配位Gd錯体の合成と機能評価

8
(財)第23回有機合成化学研究所講演会
主催:(財)有機合成化学研究所
於:京都大学桂キャンパス
期日:平成20年11月20日
講演題目:遷移金属錯体の環境調和型有機合成用触媒としての利用と分子プローブへの応用

9
第60回錯体化学討論会
主催:錯体化学会
於:大阪国際交流センター
期日:平成22年9月27日
講演題目:高感度MRI造影剤としてのキラルデンドリマーアミン配位Gd錯体の合成と機能評価

10
有機合成化学研究所産学共同学習セミナー 新物質・新材料研究会
主催:(財)有機合成化学研究所
於:京都大学桂キャンパス
期日:平成23年7月21日
講演題目:ヘテロメタラサイクルを鍵中間体とする新規触媒的ヘテロ環構築法

11
有機合成化学研究所講演会(第27回)
主催:(財)有機合成化学研究所
於:京都大学桂キャンパス
期日:平成24年11月26日
講演題目:磁気共鳴-光超音波デュアルイメージングプローブの開発


PAGE TOP

現在までのアクセス数:812962